• 販売ディーラーを探す

  • 販売ディーラーを探す

  • 販売ディーラーを探す

  • イノベーション

私はプロフェッショナルライダー。結果を出すためには準備が大事。目標に向かって細かくマイルストーンを設定し、それぞれのステップで結果を慎重に分析する。細かいステップの積み重ねが、未来の自分を作り上げる。

Less

Less

「霧がかかり、薄い太陽の光のなか、私たちの声も小さく聞こえる。すべてが神秘的に感じられる。よく、この丘を走っていわ。この道を下ると小さなお店があるの。プロになる前の初めてのレースで、大学のチームメイトとそのお店に立ち寄り、外の陽だまりで、笑いながら、クッキーをほおばって食べたことを覚えているわ。」

「下り坂の最初のコーナーに向かって走るの。この、『路面からの感覚』が懐かしい。ここに限界はない。」

走行中に、すべてのことから解放されることはあまりない。いつも天気や細かい振動、路面状況に神経をとがらせているから。コーナーに進入するときも抜けるときも、タイヤのトラクションとかフレームのねじれ具合を意識している。ヘッドチューブ、BBまわり、リアバックなど、ミリメートル単位の微妙な変化にも気がつく。長めの直線だと、どのくらいのパワーが出せるかも考えながら走っている。

セコイアに囲まれた、グラベルロードに出た。先へ進むと、家畜たちと遭遇。坂を下りながら、風に負けないくらいの大声でジョークを叫ぶ。岩場に張りつくムール貝に波が押し寄せ、水平線の光がキラキラとまばゆく輝いている。今日は、ホイールとか、ラインとか、リザルトとかは何も考えずに、ただひたすらペダルを回している。

プロとして、しっかりトレーニングすることは当たり前。でも、リザルトだけにこだわるのも違う気がする。自転車に乗るということは、もっと自由であっていい。

川面を風が流れる。陽だまりが私たちを温かく包み込み、ゆっくりと夜の帳が下り始めてきた。私たちは、イスに腰を深く掛けながら、 両手でコーヒーカップを持つ。疲れているけど、それがうれしい。

Less

Less

The All-New 
 Synapse

忘れることのできない1日のために。新型SYNAPSEは、全てを忘れて一日中乗っていられるフレーム設計です。多くのリクエストにお応えする懐の広さと深さ。不快な振動だけを取り除き、ライダーを乗る喜びから守ってくれる。まるで、サスペンションが搭載されているかのような乗り心地。これこそが、エンデュランスライドであり、新型SYNAPSEこそが真のエンデュランスマシンなのです。

全てのモデルを見る

Less
このサイトはクッキーを使用しています。このまま使い続ける場合は、このサイトのクッキーに同意してください。 クッキーについて | 同意しない