2013 - 2016 CAADX Safety Recall Notice

平素より、当社製品をご愛顧いただきありがとうございます。

キャノンデールは、お客様が当社に対して、最も過酷な状況下においても、最高水準の性能、品質、安全性を発揮する製品を期待していることを十分に理解しており、これまでお客様の期待に応える高水準の製品づくりに尽力してきました。

これまで当社には、2013年~2016年に製造されたキャノンデールのシクロクロスバイク「CAADX」のフォークの破損に起因する事故が数件報告されています。また大変遺憾ながら、報告された事故の中には、フォークの破損が原因で転倒し、首に重傷を負った男性が結果的に死亡に至ったという悲劇的な事故の報告もありました。この事態を受け、当社は徹底的な調査を開始しました。本件については自社で徹底した試験を実施した他、いくつかの独立機関にも詳細な試験の実施を依頼しましたが、フォークの欠陥は特定されませんでした。しかしながら、事故の報告が寄せられているという状況を踏まえ、当社は報告された事故についてお客様にお伝えし、自主的なリコール手続きを通して、アップグレード済みの交換用フォークを無料で提供することがお客様のために当社ができる最善の対応だと判断するに至りました。

お使いのCAADXが本リコールの対象となっているかをご確認いただくため、次の項目のすべてに該当するかお使いのバイクを点検いただきますようお願いいたします(該当箇所は写真に示されています)。

  1. トップチューブもしくはその他のチューブにはっきりと「CAADX」の文字が印字されている
  2. ディスクブレーキが装備されている
  3. フォークレッグの内側に大きく「ULTRAX」の文字が印字されている
  4. (フォークブレードの内部ではなく) フォークブレードの外側にあるフロントディスクブレーキに黒のプラスチック製ケーブルが配線されている

お使いのCAADXが、上記の全項目に該当する場合、最寄りのキャノンデール販売店にお問い合わせの上、アップグレード済みの交換用フォークの手配をご依頼ください。料金は一切かかりません。

本件によりお客様には多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。本件の影響を受けるお客様には、アップグレード済みの交換用フォークを無料で提供させていただきます。交換用フォークは、フルカーボン製で、標準装備のフォークよりも軽く、高い性能を発揮するフォークとなります。

また、CAADXのオーナーズマニュアルに記載されているすべての警告をお読みになり、考慮していただきますようすべてのお客様にお願いいたします(これには次の業界標準の警告も含まれますが、これに限定されません)。

「衝突やその他の衝撃により、バイクのパーツに非常に大きな応力がかかり、通常よりも早い段階でパーツの疲労につながる可能性があります。応力疲労を受けているパーツは突然破壊する可能性があります。これにより、使用者がコントロールを失うことや、重症を負うこと、最悪の場合には死に至る恐れがあります」

PDFダウンロード

お客様には多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

このサイトはクッキーを使用しています。このまま使い続ける場合は、このサイトのクッキーに同意してください。